nekolog

ITベンチャーで広報の立ち上げをやっています。考えること、表現すること、生きることの練習中です。当ブログに記載されている内容は個人の考えであり、所属先の公式な見解を表すものではありません。

シンガポール旅行記

(今更!)シルバーウィークでシンガポールに行ってきました。

行くまでは正直、マリーナベイサンズとマーライオンくらいのイメージしかなかったのですが、こんなに楽しくて奥深い場所だと思わなかった、、!

ほぼ丸3日間でしたが、充実しすぎて満足度が高くて、記録に残したく。

 

マリーナベイサンズ

ここは外せない! と思ったので(日本人的発想)泊まらせてもらいました。日本人スタッフがいるので、私みたいに日本語しか話せない人には安心。シルバーウィークだったので、この周辺は日本人ばかりでした(他の地域ではあまり見ないのに!笑)やっぱり日本人受けするところなんだろうな。

最上階のプールはやっぱり素晴らしい。チェックアウト時間くらいに行ったので連泊の人しかおらず、ごみごみしすぎておらず優雅に楽しめました。

instagram.com

私たちは、ハイブランドのお買い物やカジノ、夜のクラブを目的としていなかったのですが、こういうものに行く予定がない人だと楽しみ方が少ないかもしれません。もちろん1回は泊まってみるのがいいと思うけど、正直、サービスは悪くはないが割高かなーという印象でした。さらにここは他の観光地に出るにはちょっとアクセスが悪いので、もし次に行くなら別のところに泊まるかなあ。。

あ、アメニティの香りはとっっってもよかったです(あまりに忘れられなくて、いろいろ探した結果Sabonのデリケートジャスミンに似ていたので、買ってくんくんして思い出してます)。

instagram.com

 

プラナカン文化

前述の通り、マリーナベイサンズとマーライオンくらいのイメージで行って、滞在初日の終わりになって雑誌に載っていたプラナカン博物館をリクエスト。しかしこれがこの旅を思い出深いものにさせてくれました。

織物や器ももちろん綺麗なのですが、個人的には建物(おうち)が一押し。パステルカラーではっきりした配色の家がとにかくかわいい。チャイナタウン外れに見に行ったのですが、たくさん並んでいるのをみて本当に心が躍りました。

instagram.com

instagram.com

instagram.com

instagram.com

チャイナタウンやリトルインディア、アラブストリートも、基本はこの建物がベースなので、なんとなくカラフルでにぎやかで、どことなくおしゃれ(でも店の看板があるだけでちょっとおしゃれ感が減る。看板がないのがやっぱりかわいい)。

チャイナタウンのはずれの密集エリアには「ちょっとまって」という店もありました。ここは店の看板があってもかわいくって、ちょっと入りたかった。ちょっとまって、っていう日本語かわいいな。

プラナカンを思い出せるお土産が欲しくて、でも博物館に行った時は隣接のショップに寄れなくて、次の日にショップだけもう1回行きました。わたしにぴったりの「プラナカンの家の本」があって購入。これ、お店の方曰く、2日間しか置く予定がなかった限定物だったそう。前日にショップに行っていたらなかったかもしれない! ほんとついてるなーと思ってテンションがめっちゃあがりました。(ショップバッグがピンクとスカイブルーでこれがまたかわいいんだ。プラナカンならではの配色!)

 

F1

F1も見ました。熱気がすごかった。望遠レンズをスタンバイしてたくさん撮影しましたが、ほとんどうまく撮れなかったです。。特に300km/h出る直線コースは撮影にほとんど失敗! 火花散っててすごい迫力だったのに。その場所で動画を撮ってみたら、通過する車体がほとんど見えなかったからしょうがないか。

唯一それっぽく撮れたのが、フェラーリの優勝が決まった直後。ちょっと減速していたのでなんとか。スタッフの人も手を叩いていてなんだかいいなと。

instagram.com

 

公道を使ってサーキットにしちゃうのってすごいなーと改めて。決勝翌日には普通の道路に戻っているのもまたすごい。

instagram.com

 

ついでに、決勝の前日に泊まったホテルにはF1関係者がたくさん泊まっていて、朝ごはんにきょろきょろ観察するのがちょっとたのしかったです。

 

続きます。